BLOG

五反田でみんなの憩いの場になっている整骨院です

2018/10/20

毎週 水、金曜日 2時より骨盤体操をやってます。

 

当院の患者さんは独居老人が意外と多い。都会の中で逞しく、時代を駆け抜けてきているだけに自己管理も怠りません。

毎週体操にだけ来る方、体操が終わってそのまま治療に流れる方、それぞれいらっしゃいます。

体操が始まる前に皆さんが安否確認のご挨拶。

「元気? 調子はどう?」。

体調不良だったり、所要があってお休みしたら「あなた心配するから休んじゃ駄目よ。」

 

ここは、整骨院かもしれませんがコミュニティーの1つだと思う。

時折、会話の中で「いつ死んでもいいのよ!」なんて言いますが、

極めつけは

「ここ(なつ整骨院)に来たら死ぬのを忘れる。」

体操教室に毎週金曜日に来る五反田の主のようなムードメーカー的存在のTさんの一言。 

 

体操中も縮こまった身体を伸ばそうと一生懸命にやる。

お隣さんよりは上手にやりたい感が伝わってくるのを見ているだけでも微笑ましいです。

勝ち負けの問題じゃないけど年齢の意識は誰にでもあると思います。

「○○さんのようになりたい。目標です。」

「家にいる時は痛いやら足がつったとか言っていても、外に出たら見栄を張って歩いてます。」とKさん。

弱い自慢をする人が多いのに、弱い所を見せないで頑張っているKさんをむしろ応援、手を差し述べてあげたくなっちゃいます。

 

今年に入ってよく目や耳にする「健康寿命」

皆さん自分なりに健康維持管理をしてます。美味しい物食べたり、お酒を飲んだり、趣味に時間をかけたり

「生きている内に楽しい事しなきゃ、どうせ死ぬのは1回なんだから。」

 

週1回の運動、汗だくで頑張ってくれます。

終わってホッとして「また来週ね。」と言って帰る姿は頼もしいかぎりです。

私もああいう風になるように頑張ろう!