BLOG

五反田でぎっくり腰のお悩みを解決する整骨院です

2018/09/28
ロゴ

 

 

今週に入り急激に冷え込んできましたね。

そんな中、来院する患者さんの症状で増えたのは【ぎっくり腰】です!

 

そもそも何故ぎっくり腰になるのか!

今日はぎっくり腰になる原因をお教えします。

 

ぎっくり腰とは・・・

筋肉を覆う筋膜の炎症、筋線維の損傷、椎間板が神経刺激するなどにより痛みが生じるものです。

 

ですが、ぎっくり腰になる前には、日々の生活の中で腰に常に負担がかかっている状態で、一瞬の動きだけではなく、腰へのストレスが常にかかっていることと、筋力の低下が大きく影響しています。

 

思わぬところで腰へ負担をかけています。

 

例えば日頃どのように座っていますか?

・足を組んで座る

・背もたれにのけぞって座る

・モデルの様に一方に斜めに座る

・丸くなって座る    など

 

思い当たる座り方はありませんか?

 

この様に座ると骨盤が後傾や斜めに傾いたりすることで、常に腰に負担をかけています。

つまり、骨盤が正常の位置ではないということです!

 

さらに、ぎっくり腰の方に共通していることは、お腹と下半身の筋力が低下しているということ。

 

腰を支える腹筋と踏ん張るための下半身の筋力がないと、体の重さやバランスを全て腰で支えなければなりません!

そうなると腰への負担は大きく、いつ腰が痛くなってもおかしくないですよね?!

 

腰が痛くても時間がたてば治るという方や、ある程度痛みがなくなったら大丈夫だと治療しない方は再度、ぎっくり腰になりやすいです!!

 

なぜなら、ぎっくり腰になる原因を知らないことと、根本的に原因を治療や予防をしないため、またぎっくり腰になってしまいます!!

それではいつまでも腰が痛いままになってしまいます。

 

腰の痛みとおさらばするにはまず治療です!

次回はぎっくり腰の治療についてお話します♪